社長日記

スーツで 自己紹介

負けた勝負から、人間は多くのことを学んでいく

2022/01/22(土) 社長の仕事

今年の冬は雪が多く、現場泣かせの1月が続きます。

この時期、一般のお客様の住宅外装リフォームは、春施工に向けて、一部充電中ですが、

弊社で手掛ける公共事業関連の現場は、さまざまに佳境を迎えております。

半年かけて取り組んできた某現場では、

先日、無事に竣工を迎え、引き渡しとなりました。

 

ホッとした半面、工期まで残り2週間のドタバタぶりは、

終わってみれば笑い話のエピソードとなるでしょうか。

上司、同僚、後輩たちの手助けが、心の底から嬉しく、そして頼もしく感じたことでしょう。

現場の職人さんを含め、こんなに心強い仲間達に支えられてると実感できる毎日でした。

 

振り返れば、冬を迎える前に、もっと早め早めの工程管理が出来なかったかと、

大いに反省をしてみましょうか。失敗から学ぶことも出来るでしょう。

 

自分も、荒れる天候にはかなわないと凹みながら、

でも、人間は、失敗から学ぶことが出来るの生き物なのです。

漫画『プロゴルファー猿』の、あるシーンに、

『勝った勝負から学ぶことは無い。負けた勝負から、人間は多くのことを学んでいく』

のセリフが出てきます。

小学生の頃、剣道をやってた僕に、スポ少の監督が教えてくれました。

当時の自分には、かなり刺さった言葉だったので、今でも記憶に残っています。

 

『すんなり終わった現場から学ぶことは少ないが、うまくいかなかった現場からは、多くのことを学べる』

 

失敗から多くを学び、壁を乗り越え成長していく仲間たちを、

僕は、全力でバックアップしていきます。

 

極寒の中の竣工検査となりました。

みなさんお疲れ様でした。

 

記事一覧

1ページ (全60ページ中)

ページトップへ