社長日記

平成21年度 決算期末会議

2010/04/30(金)未分類
弊社の決算月は4月になります。
今月の会議は、今年度の慰労会も兼ねて
行われました。

この建設不況の中でも、成長していこう! と
年度はじめに団結したことを思い出します。

結果、いろいろな方々のお力添えをいただきながら、
大過なく決算月を迎えることが出来ました。
本当にありがとうございました。



そして、工事課のスタッフに感謝。
休日出勤の数々、夜間作業や出張作業等、頑張っていただきました。

郡友会の皆さんに感謝。
なんといっても、気心の通ったよきチームワークと、
熱い心意気で、いろんな困難を乗り越えてくれました。

そして工務課の皆さんに感謝。
日曜祭日、曜日を問わず、また、昼夜関係なくよく頑張りました。

これからも自慢の人間力で、頑張っていきましょう。


そして、やはり気になるのは、これからの建設業界です。

世の中は、大きく変化しています。
時流に合っているところには、お客はすごく集まるけど、
ちょっと時流にあわないと、全然お客様が来ない・・・。

昔は、お客様も、ある程度妥協して買い物してくれたこともあるでしょう。
しかし、この不況や、お客様自身も目が肥えてきたということもあり、
本物と言われるものをシビアに選択されるようになってきた。

要するに、お客様の支持なくして、いかなる企業も存続できない時代になった
とういうことです。

当然私たちも、5年前、3年前と同じスタンス、考え方で
ものを進めていっては、時流に乗れるかどうかは、考えるよりも明らか。

いかに時流を見極め、変化し、お客様がもとめているものを提供していけるか。
そして、社員一人ひとりが、「お客様あってのわが社」であることを
肝に銘じなければなりません。
新しい年度は、『CHANGE』がキーワードになるでしょう。

まずは今年度、社員の皆さん、郡友会の皆さん、
そして何より、多くのお客さまに心から感謝いたします。
ありがとうございました。

連休中は、新しい年度にむけて、しっかり充電してきます。

記事一覧|2010年4月

ページトップへ