防水・防食

防水の使命は、雨水から建物を守ること。

近年、住宅やビル、工場、公共施設など、あらゆる建物において多用化、多目的化が進んできています。そのため、屋上、ベランダ、外壁、室内など、場所ごとにそれぞれに防水効果を持たせる必要が出てきました。また、このような多様性や耐久性に加えて、美観や、省エネ・環境に配慮した性能を兼ね備えた屋上防水の必要性も高まってきております。

21世紀は、環境にやさしく、省エネ・省資源を考慮した防水材が主流となってきます。郡山塗装では、新しい建築工法に対応し、あらゆる建物の防水工事において、お客様の要望にお答えしていきます。

 

防水

 

暮らしの水をしっかりガード

私たちの日々の暮らしに密着した浄水場施設や汚水処理施設では、水処理施設内のコンクリートの劣化を防ぐために、防水防食工法が施されています。

コンクリートの機能・強度を維持し、耐用年数を向上させることで、人々の快適な生活と、産業界の発展に微力ながら貢献しています。

 

汚水処理タンク

汚水処理タンク

タンク内壁

タンク内壁

 

タンク内天井

タンク内天井

 

スタッフが語る仕事の心構え

多能工職人が活躍する時代

橋本 正義

自分も塗装の仕事に長年携わってきましたが、近年の、防水改修工事の需要の高まりから、数多くの防水工事やコンクリート防食工事を経験してきました。これからの職人は、ひとつの職種を極めながらも、多くの技術を身につけていく多能工が重宝される時代になると思います。

常に現状に満足せず、新しい技術や施工方法があればどんどん経験して、自分の能力を高め、活躍の場を広げていきたいですね。

 

橋本 正義

多能工職人が活躍する時代

ページトップへ