社長日記

空の産業革命。

2015/10/30(金)未分類
 弊社が所属する、福島県構造物調査診断機構での、今回の研修テーマは  『 ドローン 』

 私たちの業界でも、今後、急速に普及するのではと見られており、インフラや設備の点検、測量にも活用できるらしい。 橋梁やトンネルの点検作業も、ドローンが無人で飛行し、映像を撮影することで、大きく変わっていくことが予測されています。
 
 そして、私たちが業務としている、ビルの外壁や、屋上の調査診断も、もちろんドローンが上空から撮影した映像を3次元処理して立体的に解析することも出来るでしょう。
 調査精度も向上し、コストも削減できると予測されるこの革命は、もう目の前に来ているようです。 


 講師の先生の話に出てきた、高度300m以下は最後のフロンティア。空の産業革命がいよいよ始まります。 との言葉は、とても印象に残りましたし、大きな可能性を感じずにはいられませんでした。

 初めて見る、業務用ドローンの実物です。

記事一覧|2015年10月

ページトップへ