社長日記

平成22年 仕事納め。 一年間本当にありがとうございました。

2010/12/29(水)社長の仕事
先日、郡山塗装2F『夢塾』にて、忘年会を行いました。

一年を振り返って、渡辺部長や、根本課長はじめ、社員みんなと、力強く、ありがとうの握手を交わす、いい機会となりました。

今年も、一年を通して、日々ハードに仕事をしてきたように思います。

ハードではありましたが、ハードであればある程、仕事が楽しく、今この仕事をこの会社でこの仲間と出来ている事を心から嬉しく感じています。

そして、何よりのやりがいや喜びは、自分自身の成長、そして仲間の成長です。
当然、仕事には、失敗してつらい時、人間関係で苦しむ時など、いろいろ嫌なこともあります。でも、そんな事を乗り越えて、仕事が前向きに出来るのは、やはり、成長していく喜びがあるからだと感じています。

しかし、人はなかなか日々の小さな成長を感じることは難しいものです。でも、半年とか1年単位で見てみると、自分が成長していることや、自分の変化を感じる事が出来ると思うのです。

入社して1年半がたった、桜田君や、森合君。
 泣くほど辛い仕事があった事や、上司からきつく叱られた事があっても、けっしてめげる事なく、あきらめずにコツコツやり続けていると、ふと気づいた時に、俺って成長してる? 以前の自分とまったく変わってる? といったことを感じているのではないでしょうか。 

私はそう見ています。仲間の成長は自分の成長より、何よりうれしい事です。

どういう意識で仕事に取り組むかは、みなさん一人ひとりの自由です。
でも、私は、皆さんにも仕事を好きになってもらい、そして一生懸命頑張り、自分自身の成長を楽しんでほしいと心から願っています。

それが私の仕事への思いであり、郡山塗装の仲間にいつも伝えている事なのです。

郡山塗装の平成22年の業務も今日で仕事納めです。
お世話になった皆様方に心から感謝いたします。
今年一年、本当にありがとうございました。

新しい年も、いまからワクワク楽しみです。

記事一覧|2010年12月

ページトップへ