社長日記

ありがとうの言葉

今日、とてもうれしい一本の電話がありました。
学生時代、野球で一緒に汗と涙を流した友人からの電話でした。
とても久しぶりでしたが、近況報告もほどほどに、
『感謝したいことがあるんだ。ありがとう。』 との言葉でした。

彼も上場企業の管理職として職場のチームを仕切る上で、
同じ行動でも他人にせかされるよりも自発的に動いた方が、気持ちも良いし成果も大きい。
それならば、今日も自分で自分を駆り立てていこうという思いで仕事をするそうです。

そのためのキーワードは『ワクワク』
ワクワクしながら仕事をすると、仲間が広がっていく。
仲間が広がるとさらに楽しくなり、どんな困難でも乗り越えることができるようになっていく。
そして・・・
チームみんなが目標にワクワクしていることで、成果がどんどん現実になっていったそうです。


で、なぜ感謝なのかと言うと・・・

1年半程前、同窓ゴルフコンペで昔の仲間とプレーしたときに、自分が口癖にしている『ワクワク』に、友人が食いついてきたのです。

バンカーに入っても、次のスーパーショットをイメージしてワクワク。
グリーンに乗らなくても、チップインバーディーをイメージしてワクワク。
困難なときほどワクワク。
忙しい時ほどワクワク。
自分から感謝する、ありがとうを想うことで、感謝の連鎖がワクワク。

『ワクワク』なんて思ったの何十年振りだろう。と友人は笑ってました。

でも、友人の心の中に、この『ワクワク』が頭から離れなかったそうです。
いつも、どんな時も、困難な時こそ、『ワクワク』を心がけたそうです。
その結果、大きな仕事を成し遂げ、
『今、チームの仲間と祝杯をあげてるんだ。ワクワク凄いよ!ありがとう』
との電話でした。

鳥肌が立ちました。 涙が出るほどうれしい電話でした。
昔の仲間っていいですね。 
一生心に残るような、ありがとうをもらいました。
なんか、心が温かいです。


『ワクワクしながら、当たり前のことを、常に最高の思いでやる。』

明日もワクワク全力で行きましょう。(^^)

記事一覧|2010年9月

ページトップへ