社長日記

橋梁調査。

2013/09/28(土)未分類
 今日は、福島県で管轄する県道に架かる道路橋の調査に行ってきました。

 近々で、補修工事する予定の道路橋は、やはり、それぞれ劣化が著しく、早急に改修する必要性を感じさせる橋もありました。

 塗装は、表面を美化し、色どりによって、人々にいろんな印象を与える効果があります。
 それに加え、本来の目的は、塗装によって建物や鋼構造物を長寿命化させることにあるのです。
 橋梁の長寿命化計画に基づく修繕は、順調に進んでいると聞きますが、要修繕の橋梁もまだまだ多く存在します。 塗装もその一翼を担うわけですから、私たちも責任重大です。

 郡山塗装スタッフも、その技術・技能をさらに磨き、各方面にベストな提案活動が出来るよう頑張ってまいります。

 そんな調査中の道路橋の一つに、『1981年塗装施工 株式会社郡山塗装』 の施工歴表を見つけました。(下の写真。ちょっと見えにくいですね。)
 30年以上経過しながら、劣化も少なく、しっかり塗装されているな~~と見てきました。 歴史ある弊社の先輩たちも、当然、いい仕事をしてきたんだなと実感してきました。 

記事一覧|2013年9月

ページトップへ