施工事例集

カテゴリー|戸建住宅の塗り替え・内外装リフォーム

H21.12.30工事完成! 本宮市 W様邸外装塗装外工事(森合)

建築中レポート

1.2009年11月25日

W様邸外装塗装工事。今回は2Fサイディングの張替え、1F外壁の一部矯正などもおこないます。今日は、明日からの着工に備え、近隣の方々にご挨拶をしました。

2.2009年11月26日

いよいよ着工です。今日は足場の乗り込み。セーフティーステップさんに足場を組んでもらいます。…実は親方、私の高校の一つ下の後輩だったりします(笑)

3.2009年11月26日

飛散対策メッシュシートまでを施工し、足場の完成です。

4.2009年11月26日

屋根に勾配があるため、今回は屋根にも足場をかけます。

5.2009年11月27日

今日から防水施工。目地の部分やサッシまわりのシーリング部分を新しくしていきます。これは、既存のシーリングにカッターを入れているところ。

6.2009年11月27日

シーリング部分にカッターをいれた後、手で綺麗に剥がしていきます。

7.2009年11月27日

撤去後はこんな感じになっています。

8.2009年11月27日

シーリング撤去後は、マスキングテープで養生。こうすることで、シーリングの仕上がりが綺麗になります。

9.2009年11月27日

1Fのシーリング施工が完了しました。この白いコーキングは、変性シリコンで、この上に塗装を施しても大丈夫なのです。

10.2009年11月27日

目地には新規で『打ち替え』をおこない、サッシまわりのシーリングには、既存シーリングの上に重ねて施工をする、『かぶせ工法』をおこなっています。外壁の隅は、『かぶせ工法』になっております。

11.2009年11月28日

1F外壁への補修。歪んだ外壁をビスで増し打ちするためにドリルで開口していきます。

12.2009年11月28日

ドリルで開口した箇所へハンマーでビスの増し打ちをおこなっていきます。

13.2009年11月28日

1Fの外壁サイディングへのビス増し打ちが終わりました。一通り定規をあてがって、歪みがないか確認しました。

14.2009年11月30日

2Fサイディングの一部を外しました。劣化の進行は、下地まで進んでいました。

15.2009年11月30日

劣化した木部下地を触ってみると、簡単に剥がれ落ちてしまいました。シーリングと、水の通りが浅かった左の下地によって外壁はついていたようです。

16.2009年12月01日

屋根と外壁の間に染みのようなものができているのが分かりますか?今回、2Fのサイディングの劣化部の張替えをおこないます。

17.2009年12月01日

こちらのサイディングを外してみたら、やはり下地も劣化しているのがわかりました。劣化した下地を取り除き、活きている部分を残して補修を始めます。

18.2009年12月01日

新規に切り出した木材を下地に設置します。既存にしっかり取付けるため、長めのビスを打っていきます。

19.2009年12月01日

新規に切りだした木材の取付けが終わりました。このように新規の下地を各部へ取付ていきます。

20.2009年12月01日

新規に取り付けた木部下地の上にパッキンを設置。新しく水切りを作ってこれを取り付けます。

21.2009年12月01日

新しい外壁を取り付けました。この後、水切りの両面へシーリング施工をして防水対策をとっていきます。

22.2009年12月01日

水分を含み、劣化した下地を取り除き、活きている下地を長めのビスで固定していきます。この後、新設木部下地を取り付けます。

23.2009年12月01日

木部下地は設置する場所毎に長さが変わります。適切な長さで一本ずつ切り出していきます。

24.2009年12月02日

ガレージ木部扉へのビス増し打ちをおこないます。

25.2009年12月02日

増し打ちが終わりました。見た目はビスでいっぱいですが、塗装をしていくので問題はないでしょう。

26.2009年12月02日

本日は昨日に引き続き、2Fサイディング張り替え補修です。

27.2009年12月02日

この面は、下地の状態が良好です。劣化がみられなかったので増し打ちと、水切りの設置で対応します。

28.2009年12月02日

水切りの仮止めをおこないます。

29.2009年12月02日

新設サイディングを取付けていきます。

30.2009年12月02日

2F全箇所の外壁張替えが終わりました。引き続きシーリング施工をおこなっていきます。

31.2009年12月02日

2Fシーリング施工。シーリング箇所に下塗りをします。

32.2009年12月02日

シーリング材を注入していきます。

33.2009年12月02日

注入を施したシーリング材を整えていきます。

34.2009年12月02日

既存シーリングにおいて問題点がありました。こちらは、本来シーリングされるべき所より下に施工されており、空洞ができてダムのように水が溜まるような構造をしていました。

35.2009年12月02日

既存シーリングを除去し、屋根と破風板に固定するよう施工しました。既存の時よりも上に配置し、長めに打ち替えることで、最適な状態になります。

36.2009年12月02日

こちらは、外壁と破風板の間に隙間があったにも関わらずシーリングがありませんでした。

37.2009年12月02日

外壁が浮いていたので、シーリング前にビスを増し打ちします。

38.2009年12月02日

外壁をがっちりと固定し、隙間を埋めるようにシーリングを施工しました。

39.2009年12月02日

ちなみにこれが増し打ち後。下地とサイディングが固定され、手で押しても浮かなくなりました。

40.2009年12月02日

屋根をご覧ください。 濡れているのがわかりますか?朝露の状態です。このままでは雨水が樋に逃げず、外壁を濡らし続け、劣化の原因になります。

41.2009年12月02日

板金工事をおこなうことにしました。屋根の雨水を樋に流すための『谷』を作って設置します。

42.2009年12月02日

屋根の形状に合わせたハンドメイドの『谷』が完成。これで雨水を樋に流す作戦です!

43.2009年12月02日

このように、全部で6ヶ所。同じように設置しました。

44.2009年12月04日

今日は最終的な色の打ち合わせ。カラーシュミレーションと、W様がイメージする色の見本塗り板を御用意。右から屋根のエンペラーブルー・メインの外壁の紺・アクセントにクリーム系を提案しました。

45.2009年12月04日

こちらが最終案として提出をしたカラーシュミレーション。W様と奥様も加わって色決めをおこないました。W様はグレーをアクセントに使いたかったのですが、奥様の希望もあり、右下の配色に決定です。玄関天井部も、白ではなくクリームへと変更になりました。

46.2009年12月05日

今日は下地調整の洗浄です。塗装前に圧力をかけた水で全体を洗います。二人の職人が雨具に着替え、家全体を眺めながら、どういう流れで洗浄をするか話しています。

47.2009年12月05日

屋根の洗浄です。足場から洗浄できる所は足場から。

48.2009年12月05日

綺麗に見える屋根も、意外と汚れています。

49.2009年12月05日

勾配が緩い所から直接のぼって洗浄していきます。

50.2009年12月05日

汚れが勢いよく雨樋に流れていくのがわかりますか?

51.2009年12月05日

新しく設置した『谷』のチェックもおこないました。思った通り、水の流れが綺麗に樋へと流れるようになりました!

52.2009年12月05日

洗浄時に水の流れを確認した写真。以前は樋が雨水を受けきれず屋根を濡らし続け、外壁劣化の原因になっていましたが、これでもう同じような状態にはならないでしょう。

53.2009年12月05日

外壁や、木部などを問わずに全体を洗浄していきます。

54.2009年12月05日

全体を洗い終われば、いよいよ明日は屋根の下塗りです。

55.2009年12月07日

今日は屋根の下塗り。錆止め塗料を下塗りにいれて防錆効果と仕上げ塗料のくいつきを良くします。

56.2009年12月07日

まずは屋根と屋根の隙間や樋にかかる細かい所から。ハケを使って丁寧に塗っていきます。

57.2009年12月07日

隅に塗料を塗り終えました。次はローラーで全体をくまなく塗っていきます。

58.2009年12月07日

ローラーで全体を塗っていきます。だんだん、赤くなっていきますね。でも、仕上げはエンペラーブルーになるのでご安心を(笑)

59.2009年12月07日

どうです?真っ赤になってしまいました。こちらの面の錆止め下塗りが完了です。

60.2009年12月07日

錆止め下塗り…W様はどういった心境でこの画像をご覧になっていることでしょう(笑)

61.2009年12月08日

今日は昨日の続きで屋根の下塗り。残りの面を仕上げていきます。

62.2009年12月08日

ローラーを使い、ムラにならないよう気をつけながら下塗りをいれていきます。

63.2009年12月08日

どうですか?綺麗に仕上がりましたよ!

64.2009年12月08日

屋根の下塗りもいよいよ大詰め。

65.2009年12月08日

屋根ではありませんが、錆が浮いていた部分も錆止めを塗りました。

66.2009年12月08日

すっかり屋根が赤く、目立つ色になりましたね。ですが、この後の仕上げを楽しみにして下さい。必ず綺麗な色にしてみせます!

67.2009年12月09日

今日は、明日からの塗装作業に備えるため、塗装をしない場所へ養生をしていきます。

68.2009年12月09日

外壁に塗装をするため、屋根にも養生をします。

69.2009年12月09日

もちろん窓や樋にも養生をしていきます。

70.2009年12月09日

外壁に小さな穴が開いているのを発見。おそらく、何かを飾るためにフックがあったのではないかと思われる場所。塗料だけでも埋まるでしょうが、ここはしっかりとシーリング剤を注入しました。

71.2009年12月09日

水切りへの養生。養生は細かい作業ですが見た目の仕上がりが良くなります。一箇所ずつ丁寧に手作業を進めていきます。

72.2009年12月10日

新設したサイディングは、既存のような模様がありません。いかに既存の外観を再現するか、同じ物を用意できなかった私たちがW様にできる精一杯の提案です。

73.2009年12月10日

マスチック模様が完成しました。この後、仕上げを2回おこなうことで既存の外壁のように再現していきます。

74.2009年12月10日

ハケを使用し、白く塗っていきます。

75.2009年12月10日

白いトタン部分への塗装を始めます。まず、面を整えていきます。

76.2009年12月10日

元々白い部分ですが、ツヤが出て綺麗になっていきます。

77.2009年12月10日

白いトタン部がツヤがでて綺麗になりました。

78.2009年12月10日

今日は下塗りです。既存サイディングには、2階・1階問わずシーラーを塗っていきます。

79.2009年12月10日

透明ですが、塗られているのがわかりますか?シーラーを塗ることで窯業系サイディング等は仕上げ塗料のくいつきが良くなります。水性シーラーでも良いのですが、今回は弱溶剤系シーラーを使用していきます。

80.2009年12月10日

こちらは、新設したサイディングへの下塗り。…一見、塗装の仕方が変と思われる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、ちゃんと意味があるのです。

81.2009年12月10日

一見、ボコボコな塗装かと思いますが、これはマスチック模様という塗料の『山』を作っている作業なのです。

82.2009年12月12日

今日は雨のため作業は午前中までと決め、軒天の仕上げと、外壁・木部の中塗りをおこないます。

83.2009年12月12日

マスチック模様を出した新設外壁への中塗りです。模様が綺麗に出ました。

84.2009年12月12日

右側の壁が既存。左側が新設外壁。

85.2009年12月12日

木部への下塗りも始めました。ハケで細部などを先に塗ります。

86.2009年12月12日

広い面にはローラーをあてます。

87.2009年12月12日

木部下塗りが完了です。この後で暗めのチョコレート色で仕上げていきます。

88.2009年12月12日

2Fの一部は、クリーム色になります。やはり目地などの細部はハケで塗り、広い面をローラーで塗っていきます。

89.2009年12月12日

ベランダ側のクリーム色の中塗り。

90.2009年12月12日

軒天は、仕上げ塗りまでしました。真っ白になって綺麗です。

91.2009年12月13日

今日は日曜日ですが、職人達は頑張って外壁の中塗りを完了しました。

92.2009年12月14日

今日は、トタン部分への仕上げをおこないます。

93.2009年12月14日

2Fの外壁は、アクセントにクリーム色を使う場所があります。…下塗り・中塗り・仕上げ、と、工程通り進んだのですが、塗料より濃い色の壁へと塗装をしたので色がしっかり発色しませんでした。…3回目の塗装を明日以降施し、必ず綺麗な仕上がりにしてみせると職人達は気合を入れております!

94.2009年12月14日

昨日の中塗りから、W様の確認を頂き、仕上げ塗装へと移行した紺色の外壁部。

95.2009年12月14日

仕上げをおこなうことで、更なるツヤを出していきます。

96.2009年12月14日

仕上げ塗りまで完了した外壁です。どうですか?とても綺麗ですよね。

97.2009年12月15日

今日から外壁や細かい部分への仕上げ塗りを始めます。

98.2009年12月15日

細部は小さいハケを使って塗っていきます。境目をマスキングテープ無しで真っ直ぐに塗っていくのは職人の技です。

99.2009年12月15日

白いトタンの仕上げ塗りが完了しました。この白い部分は最終チェックで問題がない限り、完成となります。

100.2009年12月15日

軒天への仕上げもおこないました。軒天は、その面が真下に向いているため塗料の重みで塗膜が剥がれることがあります。そうならないように、最終確認では隅々をチェックしていくようになります。

101.2009年12月15日

外壁の帯も仕上げ塗りをします。窪んで塗料が入らないような部分はハケを使って塗っていきます。

102.2009年12月15日

ローラーで帯全体を塗り、仕上げます。白い帯は紺色の外壁が際立つアクセントですね。

103.2009年12月15日

こちらはベランダ部分。天井を白く塗装させていただきましたが、W様の希望で、玄関部の天井と同様、クリームを塗っていきます。

104.2009年12月15日

壁・天井ともクリーム色に仕上がりました。…天井を一度白くし、それからクリーム色になったのは、私の配慮不足(汗)反省します。

105.2009年12月17日

今日は、細部の仕上げの続き。樋などを塗っていきます。

106.2009年12月17日

木部玄関扉も仕上げていきます。内側の色に合わせて調色をし、ツヤを消すためにフラットベースを塗料に含めて塗っていきます。

107.2009年12月17日

玄関扉が仕上がりました。新しく塗り替えられた扉は、ツヤ消しですが、施工前より明るい色になりました。

108.2009年12月17日

換気口関係も塗っていきます。これは、錆が浮いて目立っていた箇所のシルバー塗装。

109.2009年12月17日

ハケを使い、丁寧に塗っていきます。

110.2009年12月17日

シルバーの塗装が完了しました。ポツポツと、青く浮いていた錆が消え、銀色になりました。

111.2009年12月17日

どうです?新品と差異のない仕上がりでしょう?(笑)

112.2009年12月17日

錆止め塗りを終えて、中塗りに白く染めました。ここは、クリーム色の仕上げていきます。

113.2009年12月17日

今日は左官工事を担当してくれる職人さんと基礎の調査もおこないました。この部分の亀裂が特に酷いです。

114.2009年12月17日

試験的に劣化モルタルを除去してみました…亀裂の原因はなんてことありません。実は、基礎が劣化していたわけではなかったのです。

115.2009年12月17日

調査の結果、どうやら新築時に基礎の間を埋めるため木材が挟まれていたようです。外側ギリギリに設置され、モルタルが薄く盛りつけられていたために、基礎に亀裂が入ったように見えていました。

116.2009年12月17日

全周の基礎を調査。基礎自体のクラック(亀裂)は数ヶ所。表面のモルタルの剥離が目立つ所はどこまで剥がれるか試しました。

117.2009年12月17日

これは基礎のアップ。…地面と基礎の境目に注目してください。モルタルの一部がありません。経年劣化によって剥離したわけではなく、新築当初からこのような状態になっていた模様。今後、モルタルは剥離する所だけを取り除き、補修の際はこのようなことがないようにしていきたいです。

118.2009年12月22日

今日は、屋根の中塗り(一回目の仕上げ塗り)をおこないます。雪止めアングルをスライドさせながら、隙間もしっかり塗っていきますよ。

119.2009年12月22日

ローラーを使い、屋根の中塗りを仕上げていきます。

120.2009年12月22日

ガレージ扉の木部は、チョコレート色に完成。下は木部ではないのですが、黒く塗りました。

121.2009年12月22日

屋根の中塗りが完了。錆止めの赤とは違い、落ち着いた色になりました。

122.2009年12月22日

連日、天気が悪くて屋根の塗装にとりかかることができず、心配をしていましたが、どうにか明日には仕上げ塗りまでいけそうです。

123.2009年12月23日

今日は祝日ですが、天気が良好なので、屋根の仕上げ塗りをおこなっていきます。

124.2009年12月23日

屋根の仕上げまで残りわずか。手を抜かず、しっかりと最後まで塗っていきます。

125.2009年12月24日

屋根の色などが付着した所をタッチアップしていきます。

126.2009年12月24日

屋根の色や破風の塗料が付着した所をタッチアップしていきます。

127.2009年12月27日

紺色に施工した外壁に、白の塗料が弾いてしまった箇所がありました。全体を一通りチェックし、マスキングテープでマーキング。

128.2009年12月27日

白く弾いたのは、樋の周辺が多いです。もう一度、白くなった所をタッチアップします。

129.2009年12月27日

隅々までチェックし、塗料などの汚れを発見して綺麗にしていきます。

130.2009年12月27日

玄関の色を、もう少し暗めにしたいとのことだったので、再度調色し、塗装をします。

131.2009年12月29日

今日は足場解体後の残工事。ガレージ扉の横を塗っていきます。

132.2009年12月29日

表面と同じようにチョコレート色に仕上げました。

133.2009年12月29日

基礎部分の補修を始めます。ハンマーで剥がれ落ちるモルタルを叩いて剥がします。

134.2009年12月29日

クラックが入っている箇所をハンマーで打診。

135.2009年12月29日

地面との境目も、剥がれる部分は剥がしていきます。

136.2009年12月29日

剥がれなかった既存のモルタルをサンダーを使って慣らしていきます。

137.2009年12月29日

モルタルを盛って平滑にしていきます。

138.2009年12月29日

基礎の補修が終わった状態です。平滑に、綺麗に仕上がりました。

139.2009年12月29日

既存の基礎が地面まで無かったのですが、今回はしっかりとモルタルを盛っています。

140.2009年12月29日

地面と、モルタルの境目がわかりますか?しっかり施工をしました!

141.2009年12月30日

いよいよ、竣工の時がやってきました。W様と最終確認をします。

142.2009年12月30日

外壁の三角部分がクリーム色。紺で統一するよりも、軽いイメージになりました。

143.2009年12月30日

中塗りの段階で、W様に紺色の外壁が『明るい』とご指摘を受けましたが、この色も気に入っていただけました。太陽の光を受けると青く、曇りだと暗めの紺色に見える外壁は、その日によって見せる顔が違います。独特なお家に個性豊かなW様の配色はこの周辺には無い、一番目立つお家になることでしょう。以上、担当森合によるレポートでした。

カテゴリー - 戸建住宅の塗り替え・内外装リフォーム にある

その他の施工事例集

ページトップへ