社長日記

平成26年度の会計年度スタートです。

2014/05/01(木) 未分類
 弊社の決算月は4月となっており、前日をもって、平成25年度の会計年度の納めとなりました。 本年も山あり谷ありの一年でしたが、無事にこの日を迎えることができました。
スタッフのみなさん、ご苦労さまでした。
そして、多くのお客様に対し心から感謝申し上げます。

写真は、新入社員の歓迎会も兼ねた大納会の様子。 大いに盛り上がり?過ぎて、若干、元気のよすぎる若手もいましたが、それも無礼講でしょう。(^^) 

 さて、弊社にとって、これからの課題は明確です。
問題や課題は宝の山とも言いますが、それを、ぶれない理念と高い志で、一つ一つ解決していくことが、成長の秘訣なのは明らか・・・・。

 そのための 「ぶれない理念と高い志」 やはり、これが重要です。

 そして、今年度の自分のテーマは、「自分の認識」というものを客観的に見て、認識の仕方を変えられる柔軟性を持とうと考えています。

 これまでは、誰よりも先頭に立ち、自分が模範を示すことで、社員に営業のノウハウや、現場管理のスキルを教えることが出来ると考えていました。 何から何まで、まずは、自分がやってみる。 そして、課題を見つけ、修正し、うまくいく道筋を作ってから教え、成長してほしいと願っていました。
 しかし、すでに、すべてを自分がやってみるのは、現実的に不可能となり、ここから会社の成長を目指すためには、この方法では難しいとは私自身が気付いていることなのです。

 私の仕事は、仕事を効果的にマネジメントすることだと考えるようにしました。

 経営計画のマスタープランを考え、それをどうすれば管理職社員がうまく運用できるかを考え、それを最後は全社員にどのように浸透させるか。
そのために、社員には経営方針や理念を繰り返し伝え、浸透させることで、そのチームは並々ならぬ力を発揮すると思うのです。

「私自身はすべてに模範を示すことで社員をスキルアップさせる」という認識を変え、「全体の育成計画を立て、それをマネジメントする」 という考え方で、チャレンジしてみます。
 
組織・チーム作りも完成に近づくほどにワクワク感が高まっていくことでしょう。
それを味わいたいのです。


まさに、課題や問題は自分を成長させてくれる宝の山です。

平成26年 今会計年度も、ますます業績が好転するよう頑張ってまいります。

記事一覧

1ページ (全58ページ中)

ページトップへ