社長日記

現場代理人考

2014/10/18(土) 未分類
 若手社員達もいよいよ学んできた結果を出す時が来ています。  
 『現場代理人としての職務』  
 会社が受注した現場を、社長の代理となってあらゆることを取り仕切る責任者です。

 いままで、先輩社員に同行しながら、なるほどと思って出来た事も、いざ自分の力でやってみると、なかなかうまくいかないものです。 現場代理人となってみると、さまざまなプレッシャーが四方から津波のように押し寄せてくることでしょう。

 発注の担当者にうまく話が伝わらない。
 自分の思う方向に現場を誘導できない。
 協力業者さんをうまく使いこなせない。
 考えていた予算がどんどんオーバーしてしまう。
 気が付くと工事がどんどん遅れている。

 自分に自信がないとき、人は、他人の言葉に振り回されがちになります。 しかし、周りの意見は尊重しながらも、最終的に決断を下すのは自分自身なのですから、もし、自信がないと感じるなら、貪欲に学び、成長のスピードを上げていけば良いでしょう。

 現場代理人とは、現場を単に動かすだけではなく、現場を運営していくことなのです。
 
 運営するということは、強いリーダーシップを発揮して、職人さんや協力業者と最良のコミュニケーションをとり、無事故で工事を完成させ、工事の品質と現場の利益を確保し、納期を守り、高い評定をいただくことで、会社の受注に貢献することなのです。

 次世代を担う若手社員たちの成長が、会社の成長の証です。社内検査を通じながら、現場代理人の育成に余念はありません。


おまけ・・・・。
結果は偶然じゃない。勝つものは勝つべくして勝つ。
愛すべき阪神タイガース・・・・・。
勝つべくして日本シリーズ進出だっ!(^^)! がんばれ!!

記事一覧

1ページ (全58ページ中)

ページトップへ