社長日記

はたして・・・。働き方改革の本質は?

2017/05/13(土) 未分類
以前読んだ週刊誌の記事で、

“「働き方改革」とは、「働かない改革」
資源のない小国の日本が、急速な人口減が進む中で、こんなに休んで大丈夫か?
数字で見ると、実は、先進国一の怠け者に・・・“

なるショッキングな見出しでした。

そうだよな・・・と思う部分と、今の時代、考え方が変わってきてるよな・・・・と思う部分があって、地方の中小企業の経営者は皆、頭を悩ましているのではないかと思う。

働くとは、会社に出勤してくることではなくて、成果を出すこと。
とすれば、業務効率化や、生産性向上の施策があっての働き方改革だろう。
では、どうすれば、お客様への対応や、品質、受注機会の確保を保ちつつ、業務効率化できるのだろうか。 

現場で仕事が完結できる、モバイル業務システムなどを構築すれば変わるだろうか? 
社員一人一人に自主的な働き方管理を任せて、フレックス制度にすれば業務効率化になるのだろうか?
労働人口減少とともに、採用競争が激しくなる中で、人手不足問題をどう解消していけばいいのだろうか?

何にしても、積極的な改革への取り組みは実践していきたい。
昨日は、そんな働き方改革の研修を受けて、眠れぬ夜となりました。

記事一覧

1ページ (全58ページ中)

ページトップへ