社長日記

生きていれば雨も降る。

スーツで自己紹介
2020/08/30(日)社長の仕事

新型コロナウィルスの経営への影響は、しっかりと受け止め、その打撃を最小限にするべく、

知恵を絞り、対策をとっていくことを考えています。

社長を務めて12年目。

数々の痛い思いし、山あり谷ありの連続でしたが、今回もまた大きな試練なのだと思います。

ずっと順風満帆な経営環境なんてないし、

生きていれば雨も降るし、不況も定期的に訪れることを前提にしなければなりません。

 

会社は成長も大事だけど、もっと大事なのは存続させること。

備えだけはしっかりしないといけない。

リーマンショックのとき、数々の老舗企業がつぶれたのも、

手元のキャッシュがなかったからと聞いています。

銀行さんからの信頼を勝ち取って、手元現金を手厚くする方向へ舵をきりました。

 

地に足のついた地元会社として、地域一番店である事。

『これだけは絶対負けない。』ものがあれば、社員も誇りを持てる。

郡山塗装にある技術・技能・人材・人間力をフル活用して、

地域一番店であることの重要性を、社員と共有していきます。

 

写真は、某公共施設の、駐車場が痛んでいる状況。

劣化したコンクリートを改修し、強度を復元させ、よみがえらせる。

これだけは絶対負けない。弊社の技術と技能で対応していきます。

 

記事一覧

1ページ (全19ページ中)

ページトップへ