社長日記

スーツで 自己紹介

大変おせわになりました。心から感謝します。

2020/04/29(水) 社長の仕事

僕にとって、第2のキャリアとして始まった塗装ビジネスの世界は、まったく未知の世界でした。

これまで、いろんな先輩方に教えを乞うてきましたが、なかでも、本当に感謝すべき業界の先輩が、また一人、ご引退なさいます。

親切に、丁寧に、やさしく、営業面も技術面も多岐に渡って、いろんな事を教えていただきました。

 

僕がかけ出しで現場代理人をしてた学校の改修現場がありました。

営業で郡山に来ていたのですが、スーツから作業服にサッと着替えてくださり、一緒に足場に上がり、塗膜の引っ張り試験なるものを初体験しました。 何もわからない僕に、そんな試験があるんだって事や、その方法、塗料ごとの付着強度の違いや、Nの単位や、書類の出し方まで、質問攻めにする僕に、丁寧に教えてくれました。今でもその時の事は忘れられません。

 

何も知らなかった僕が、いろいろ勉強させていただおかげで、今があります。

20代の頃、この出来事の他にも、塗装ビジネスの技術的な奥の深さをいろいろ体験し、職種は違えど技術畑を歩んできた僕には、塗装を数字で表現することがとても興味深く、のめりこむきっかけとなりました。

 

これまで、いろいろとありがとうございました。

お身体ご自愛いただき、いつまでもお元気でいてください。

 

記事一覧

1ページ (全59ページ中)

ページトップへ