尾形 香一朗 自己紹介へ

膜厚測定(尾形)

今日は施設管理センターの鉄骨階段塗装の膜厚検査をしてきました。

鉄部塗装の膜厚というのは塗装の品質管理の上で、重要な測定です。

厚ければよいというものでもなく、ちょうどいい膜厚というのがあります。

厚いとそれだけ硬化不良やダレの原因になりますし、薄いと剥離や早期の発錆に繋がります。

なので、共通仕様書やメーカーの仕様書でその値が決まっています。

土木の現場ですと、そのバラつきなども見たりするのですが、

1mmの1/1000の値、1μm(ミクロンメーター)の値で測定しているので、

ちょっと刷毛の多めに塗料がつくと厚くなったりします。

非常にシビアな管理なのです。

 

1ページ (全1114ページ中)