スタッフダイアリー

建設業界に関して思う事(溝井)

溝井 智大自己紹介へ
2019/07/04(木)未分類

こんにちわ、業務管理の溝井です。

もう2019年度も折り返しになりました、実感がないですが早いですね。

来年度はオリンピックという国を挙げての一大イベントがありますが、まもなく新国立が完成するようですね。プレリリース向けにマスコミに少し公開されたようですがこの競技場を中心に東京オリンピックがどういう道を描いていくのか、楽しみで仕方ありません。

新国立で話題になったことと言えば労働災害でしょうか。働き方改革が取り組み始まったばかりでまだ上手くいかない業界ですが、難しい転換期を迎えているのは確かかなと感じています。

若者の働く割合がどんと減り、人手不足が叫ばれている状況になっています。幸いなことに郡山塗装では働き方改革や新卒採用チームを作って採用に力を入れていることもあり、若い力が入ってきています。これはとてもありがたいことでありますし、成長の伸びしろもたっぷりあるのがわが社の魅力の一つだと思っています。

この世界は職人さんの世界ではありますが、TVやニュースサイトでは面白い取り組みを行っている会社の話などがあるのでそれらを読むのは実にためになりますし、知識を広げるチャンスでもあります。

これもある意味では日々勉学、というやつでしょう。

記事一覧

1ページ (全210ページ中)

ページトップへ