スタッフダイアリー

10月10日 東京オリンピックの日(橋爪)

2014/10/10(金)郡山塗装の日常
 50年たちました。東京オリンピックの開会式を、目を皿にしてテレビに釘付だったあの頃の私。教室にテレビが入りました。授業はテレビでのオリンピック観戦。もちろん白黒画面でした。

 重量挙げの第1号から始まり、レスリング、柔道、体操、そして女子バレーボールと16個の金メダルは、当時の日本の戦後の復興を、力強く世界にアピールしました。

 オリンピック開催都市で、一番大きく変わったのは東京だった、との世界の評価は今も変わりません。各競技場はもとより、首都高速、東京タワー、そして東海道新幹線。すべてオリンピック開催がもたらした日本の現代文化です。いずれも現役です。

 2020年、再び東京での開催です。一極集中をより強固にするのでは、という心配もありますが、やはりその経済効果は相当強力です。今回は地方に、特に福島の復興に繋がる効果をもたらすような計画になりそうです。

 あと6年。日本での2回目のオリンピックを、おそらく私は楽しむことができると思っています。それまで健康を維持し、子供のころ経験したあのウキウキした気分を、再び味わいたいと思います。

 体操の世界選手権で、内村選手は個人総合5連覇です。彼に続く若者たちも順調に育っているように見えます。ノーベル物理学賞に邦人3人が選ばれました。スポーツの、学問の、そして文化の大きな発展は、世界の平和の祭典を一層盛り上げることになるのだと思います。勿論、経済や私たちの暮らしの豊かさ向上につながります。

 その頃、私たちの仕事、塗装をはじめ、リフォームのレベルも、一層進歩することになるのだと思います。立場は変わっていると思いますが、自分なりに何らかの形で活躍できればと今から考えています。77歳になる加山雄三は、全国ツアーコンサートを始めています。未だ若大将。素晴らしいことです。ウーン、負けないぞ。10月10日、一人しみじみ思う次第です。

記事一覧|2014年10月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ