スタッフダイアリー

学んできました(タナベ)

本日は国分さんの戸建住宅の塗装現場を見学してきました。
先週に屋根洗浄の作業を見学して、本日は外壁のクラック補修の見学です。

前職でも塗装工事の現場管理は何件かやってましたが、元請側として現場管理を行っていました。
今までの自分は、外注先の現場担当者に「よろしくねっ」と言って作業中の確認はあまりやっていなかった記憶があります。
私たちは同じ元請でも、元請会社の社員が工事を行います。
以前のようなやり方では管理と言えず、しっかりと何をどうするのか作業の方々に伝え、作業指示通りの施工ができているのかを確認していく管理をしなければなりません。
このままではお客様や作業してもらえる方々、取引先様に『安心感』を与えることはできないと思い、塗装工事に関してもしっかりと勉強して行こうと思っております。

そんな中で、ちょうどタイミングよく着工される現場がありましたので今回の運びになりました。
作業の方々やお客様、はたまた、担当の国分さんにはご迷惑をお掛けしますが、現場に足を運び、自分の身に付けていこうと思います。


もうひとつ、お伝えしたいことがございます。
昨年は夏の電力需要で国内が騒然としていました。特需で扇風機や冷やしタオルなどが大変な売れ行きでした。
また、冬前にも輻射式のストーブが製造メーカーでも欠品する状況でした。
今年も電力不足が懸念されます。電気料金や、ガス料金なども国際情勢から値上がりを続けていきそうです。

そんな状況を打破する為に、わが社でも太陽光発電システムに力を入れていくべき活動を水面下で行っております。
太陽光発電システムは様々なメーカーで製造販売されていますが、設置コストが安いだけではダメなんです。
お客様の住まいの状況で選ぶ機種が変わってきます。
私たち郡山塗装ではお客様にきちんと提案をできるように勉強しながら頑張っていこうと思っています。

皆さんのお宅にソーラーパネルが上がるのを郡山塗装でも応援していきます。
よろしくお願いします!!

記事一覧|2012年4月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ