スタッフダイアリー

今週は自分が担当する2件の現場が本格的に動き出しまして、主に現場の人員配置

で会社の内部ではあたふたとしてしまった場面もありましたが、皆さんのご協力

により作業当日には予定人員が揃い、それだけでほっとしてしまいました。

入社当時には部分補修を意味する「タッチアップ」という用語ですら、野球の犠牲フライ

に関する意味しかない状態の私でしたが、これから望んでゆく現場でうろたえる訳に

はいきませんので、ずっと毎日必死です。社長には私が今できること、できそうなこ

とをフルに絞り出されているようで、そのうち潜在能力まで引き出されるのではない

かという思いです。

今週本格的に始まった現場の一つは私の出身のいわき市小名浜の現場です。元請の

監督と話しているうちに監督と年齢が同じであり、共通の友人・知人も多く、初め

て受け持った現場としては救われた感じです。いろいろ話しているうちに「丹野さ

んは郡山塗装へ入社してどのぐらいになるんですか?」と聞かれ、正直に言うには

抵抗がありましたが、この方ならと「3週目です。」と答えました。

さぞ不安になったことでしょう。今後ともよろしくお願いします。

記事一覧|2010年9月

ページトップへ