スタッフダイアリー

墜落制止用器具(玄永)

玄永 正幸自己紹介へ
2019/09/27(金)郡山塗装の日常

建設業作業では欠かせない命綱、「安全帯」。

胴部分に巻き付けたベルトと、そこから伸びるフック(ランヤードといいます)を、

足場部材などに接続して、万一の転落の際にも、地面まで落下するのを防ぐことができます。

最近ではさらなる安全対策として、フルハーネス型の安全帯(墜落制止用器具といいます)が普及し、

法的にもフルハーネス型の着用が義務付けられるようになります。

写真がフルハーネスセットの構成部品ですが、なかなか物々しい器具です。

バンジージャンプをするときに付けるような器具ですね。

万一、宙づりになってしまったときに、従来の安全帯より体全体を支え、集中的な鬱血を防げます。

記事一覧

1ページ (全216ページ中)

ページトップへ