スタッフダイアリー

「春一番」! (橋爪)

 白河のお客様とリフォームの契約をしてきました。かなりの規模の工事で、春休みからスタートし、五月の連休までかかりそうです。LDK,そして水回り。その間の生活を配慮した工事になります。

 ところで契約を終え、郡山に戻るころから猛烈な風が吹いてきました。ラジオのニュースでは「春一番」を確認、と伝えていました。

 例年、冬の終わりころに吹く強い南風のことで、東京あたりでは平均して2月25日ころとされています。春の前触れですが、海難事故、フェーン現象、雪崩などの災害をもたらしているのも事実です。

 災害といえば、ニュージーランドの地震災害については、なんといっていいのか、お気の毒でなりません。わが子たちの年代の多くの人たちが、語学の勉強に出かけた先でのとんでもない災難です。
 
 世の中の不公平、理不尽さを感じずにいられません。すべての被災者の方ににお悔やみとお見舞いを申し上げます。 

 本格的春はもう少し先なのでしょうが、確実に暖かくなってきています。おかげさまでリフォーム情報も増えてきています。イベント(3月12・13日RFCリフォーム博 4月2・3日郡山塗装創業祭など)シーズンでもあり、よい季節なのです。
 
 桜花の頃に吹く南風を「春二番」。桜花の散るころに吹く南風を「春三番」と呼びます。白河の工事が無事完成できるよう今日から準備に入ります。本来はやはり良い季節なのです。

 
 

記事一覧|2011年02月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ