スタッフダイアリー

先日の余震の影響?(橋爪)

2013/08/23(金)郡山塗装の日常
 春先にお世話になった、某金融機関の床に歪みが生じました。「Pタイル」という内装床材で仕上げていたのですが、残念なことに床下地(モルタル)の膨れ、仕上の剥れが一部に見つかり、修理の打合せをしてきました。

 先の工事の時も、徹底した下地整備を行って仕上、その出来栄えは自慢できるものだっただけに悔しい思いでいっぱいです。幸い補修用の「Pタイル」を予備にとっておきました。こんなに早く出番が来るとはみな誰も思いません。

 早速補修の手配をし、来週にも施工を予定します。来行のお客様からは見えないものの、一刻も早く直す必要を感じます。定期預金の額が減ってしまっては申し訳ありません。

 先日の震度4の余震が原因と思われます。もともと地盤が緩んでいたのでしょう。業務時間との兼ね合いもあり、指示通りの夜間工事でした。再び夜間作業になりそうです。未だに影響の出る地震に、悔しさと恨みを感じます。復旧復興工事も含め、早く落ち着きたいものです。

記事一覧|2013年08月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ