スタッフダイアリー

目標と勇気とプロレスと(溝井)

溝井 智大自己紹介へ

業務管理の溝井です。2日続けての更新となりますがお付き合いくださいませ。

新年が明けて学生時代に陸上部の取材という形で関わった箱根駅伝をぼんやりと見ながらお正月一番の楽しみを待っていた1月4日、5日。

この日は何かというとプロレスの最大手である新日本プロレスさんの東京ドーム公演である『レッスルキングダム』の日なのでありました。

この会社ではたぶん唯一ではないかと思うぐらいにプロレス好きである僕なのですが生中継をやっぱり熱中して見てしまうものです。

特に注目されていたのは団体の2つの王座を団体史上初で同時戴冠する2冠戦でした。

結果から言えば崖っぷちに追い込まれた手ぶら状態だった内藤哲也選手の大逆転での2冠制覇で終わったわけなのですがその過程に込められたメッセージがすごかったわけです。(ですが最後は大どんでん返しで大変なエンドになりましたが・・・)

もともと夢を叶えていた内藤選手が次に目指した目標がこの2冠王だったわけですが・・・秋の時点では完全にないだろうと僕は思っていました。

ですがどれだけ追い込まれてもこの目標だけはあきらめずに進んできた結果、ついに大舞台でこの栄冠を手にした姿が画面の向こうにあったわけです。

ファンだろうとファンでなかろうとその瞬間だけは彼をすごいと思うわけです。

それ故にこの諦めなかった意志とメッセージ性が伝わってくるのです。

一歩踏み出すことの難しさ、諦めない事の大切さ・・・本当に伝えることは難しいことですがこれを表現できるプロレスって人を引き込むものがあるなと改めて思いました。

最後に簡潔に言いますと何から感じるかは人それぞれですが若い子達には一歩踏み出す勇気で仕事に挑んでもらって、色々な体験をしてもらえたらいいなあと・・・静かに新年の初めに考えるのでした。

ちょっと長い話にお付き合いいただいてありがとうございました、それではまた次回。

記事一覧

1ページ (全225ページ中)

ページトップへ