スタッフダイアリー

プラモ塗装からついに手塗業界へ進出!(溝井)

溝井 智大自己紹介へ
2020/11/27(金)未分類

お世話になっております、溝井です。

僕の立場上、塗料の管理、整理などを業務に組み込んでいるため多くの塗料の種類に触れることが多いです。

結構新製品の塗料の情報が出ると注目してしまうのも最近の個人的なトレンドになります。

最近玩具をリペイントして全く新しい製品に改造する人の動画を結構見ていることもあり、プラモ塗装でお馴染みのとある方法が建築に輸入されるという情報を目にしました。

プラモ塗装でお馴染みであるメタリック塗装というジャンルです。(メタリックとはアルミなどの細かい金属片を塗料に混ぜ込むことで光沢を出す塗料のことで、メタリック塗装はスプレーなどによる塗装が一般的である)

一般的に自動車スプレーやシルバーのスプレーはこのジャンルで、建築で使用されることは特殊な状況を除き限られていたようです。

そんな中で建築に応用できるローラーを使ったメタリック塗装が今月半ばに発表、発売を開始しました。

関西ペイントさんの「メタルフォースグランス」という商品です。

自動車塗料の技術を建築分野へ持ち込み、あのメタリックの淡い銀色や鈍い輝きの金属色の光沢を外装の色に組み込めるようになりました。

塗料のジャンルに新しい「金属色」が生まれたことで新しい選択肢が増え、幅が広がっていきますね、技術の進歩は恐ろしい。

記事一覧

1ページ (全258ページ中)

ページトップへ