スタッフダイアリー

サイディングには大きく分けて二つの種類があり、「窯業系サイディング」と「金属系サイディング」

があります。多くの住宅に用いられているのは窯業系サイディングですが、どちらのサイディングであっても

ほとんどのサイディングにあるのが「シーリング」と呼ばれる目地です。

その他にもALCパネルの目地やRC造の目地などにも使われております。このシーリングとは下地材の継ぎ目に

重鎮して、水の浸入を防ぐ役割を担っております。

先日外装劣化診断でお伺いしたお宅ではシーリングのヒビ割れが見られました。

シーリングによる防水性能の大切さをぜひ理解して頂きたいです。

記事一覧

1ページ (全233ページ中)

ページトップへ