スタッフダイアリー

空缶検収とは?(吉田)

吉田 武晃自己紹介へ
2020/03/12(木)郡山塗装の日常

こんにちは。技術監理部の吉田です。

 

ここ最近暖かかったのに、今日は急激に冷え込みました((((;゚Д゚))))

急な温度変化は体調不良をもたらしますので、みなさんお気をつけください!

 

さて、今日は空缶検収というものを行いました。

写真のように使った材料の空缶の写真を撮っておくことで、しっかりと規定量の塗料を塗っていますよーってことを証明しています。

例えば1㎥に対して0.15kg塗らなければ本来の性能を発揮しない塗料があるとします。

この塗料で200㎡塗るとしたら200㎡×0.15kg/㎡=30kg使用しなければならないことになり、

15kg/缶であれば2缶の空缶があれば、きちんと規定量塗っていますねーってことになります。

塗装工事においては塗布量が品質に大きな影響を与えるため、こうした管理が必要になります。

記事一覧

1ページ (全233ページ中)

ページトップへ