スタッフダイアリー

外壁改修工事 検査 (吉田)

吉田 武晃自己紹介へ

こんにちは。技術監理部の吉田です。

 

だいぶ暖かくなってまいりました。

暖かくなってまいりましたが、およそ3ヶ月管理してきた私の現場は終わりを迎えました。

寒い時期に工事をして、暖かくなってきたと思ったら終わりです。

逆だったらよかったんですけど。

公共工事は年度末にかたまってやってきますから、しょうがないですね。

もちろん塗装工事で重要な温湿度管理は徹底してますよ!

今日はその外壁改修工事の検査でした。

下地がひどく劣化しており、特にベランダの軒天部分は塗装が剥がれおちたり、コンクリートが爆裂し、欠損していたりとボロボロでした。

築40年ということでした。

ベランダ床の防水がしっかりしていないと、漏水して下の階の軒天がボロボロになるというシステムです。

床の防水と軒天の補修をして、きれいに仕上がりました。

補修箇所が多く難しい現場でしたが、仕上がりは良好です。

福島市の県営住宅です。

やたらときれいな団地を見かけたら、うちが工事したところかもしれないです。

記事一覧

1ページ (全203ページ中)

ページトップへ