スタッフダイアリー

墜落制止用器具 ー郡山塗装の最新保護具ー(玄永)

玄永 正幸自己紹介へ
2019/02/08(金)郡山塗装の日常

 

観測史上最強の寒波が北日本を襲っているそうです。

北海道は-22℃を記録したとか。

郡山はそこまでではありませんが、昼間からそうとう冷え込んでいます。

週末はずっと寒いとか、安全への備えが必要ですね。

さて、郡山塗装でも新しいルールへの備えが始まっています。

建設工事でおなじみの「安全帯」。高所作業にて墜落を防止するいわゆる命綱です。

労働安全衛生法の改正により、2月から「安全帯」の名称は「墜落制止用器具」に改定。

さらに、墜落制止用器具は、フルハーネス型の利用が原則となりました。

厳密にはこれから約3年間は移行期間となり、完全施工は2022年からです。

フルハーネスとは、写真のような形。バンジージャンプできそうですね^^

これから試験的に利用を始めます。

記事一覧

1ページ (全198ページ中)

ページトップへ