スタッフダイアリー

白河線No.3に、、(伊藤)

伊藤 修久自己紹介へ

こんにちは。

昨日、白河線No.3に行ってきました。

郡山塗装にとっては本当に大事な行事です。

 

24年前に起こった墜落災害により、職人さんが命を落とされたそうです。

ちょうど私が生まれた年と重なっています。

 

昨年の安全大会でこの災害を知り、この一年間本当に気を付けて作業するように心がけていました。

今年は実際に現地に行き、お参りする機会をいただいたのですが

本当に被災者家族のメッセージが今でも忘れられません。

「また夢に出てきてね!」と。。

 

本当に命というのは儚いものだと思います。

自分の身に明日振り掛かってくるかもしれません。

そうならないために現場での安全管理を徹底して行うように、今後も心掛けていきたいと思います。

記事一覧

1ページ (全244ページ中)

ページトップへ